スリットカメラ撮影シュミレーター」にようこそ!


 誰でも撮影できるカメラと異なり、特殊なスリットカメラを使って列車を撮影する場合、実際どのような写真が撮影できるのか一般の方にはあまり想像できないと思います。

 そこで「スリットカメラ鉄道写真館」ではホームページ上で擬似的にスリットカメラの撮影を体験していただくために、「スリットカメラ撮影シュミレーター」なるものをつくりました。

 この「スリットカメラ撮影シュミレータ」は、スリットカメラの色々な撮影条件のうち、レンズの焦点距離(単位はミリメートル)、撮影距離(単位はメートル)、フィルム移動速度(単位はセンチメートル/秒)の3つのパラメータを画面の中から選択していただくことで、実際にどのような写真が撮影されるか、結果を画面上に映し出します。

 このシステムでは、この3つの要素を組み合わせることで全部で12通りの撮影ができるようになっておりますが、このうち2通りが適正な撮影結果で残りはほとんど失敗となります。

  なお、このシステムはJavaScriptを使用しておりますので、ブラウザの種類やバージョンによっては正常に操作できないことがありますので、あらかじめご了承ください。また、クッキーを使用しておりますので、クッキーを使用しない設定になっていると正常に動作しません。

 体験する前に実際の操作方法をご覧になりたい方は、「説明を見る」をクリックしてください。

(参考)スリットカメラの適正な撮影時のデータは、(レンズの焦点距離(mm)÷撮影距離(mm))×列車速度(cm/秒)=フィルム移動速度(cm/秒)で計算できます。



動作情報:Internet Explorer,「6.0」,「7.0」「9.0」「10」「11」では正常な動作を確認しました。
※撮影する電車が現れる画面で、その前の画面で選択したパラメータが全く表示されない場合は、クッキーを受け付けないように設定されていることが原因として考えられますので、Internet Explorerの場合は、「ツール」、「インターネットオプション」を選択し「セキュリティ」又は「プライバシー」の画面でレベルを「中」以下に設定してください。

Since 2014/07/03